有島 生馬(1882年〜1974年)
裏磐梯/父沼(油彩)
画家・作家。
神奈川県横浜市生れ。
1904年 東京外国語学校イタリア語科卒業。
1905年 イタリアへ留学。ローマ国立美術学校に入学。
1907年 フランスはパリへ留学。
1910年 帰国。「白樺」の同人となる。
1913年 二科会を創設。
1936年 石井柏亭らと一水会を創立。

二科会の重鎮であり、東郷青児や村井正誠に指導を施す。
また作家として「鏡中影」「死ぬほど」等を発表している。
兄に有島武郎、弟に里見*。
文化学院では創立以来没年まで指導を続けられた。