石井 柏亭(1882年〜1958年)
N氏の一家(水彩) 1913
画家・詩人。
東京下谷生れ。
1895年 神田の共立中学を退学。印刷局工生として彫版見習生となる。
1898年 絵画修行のため浅井忠研究所へ入門。
1902年 結城素明の紹介で「明星」に挿画を寄稿。
     後に時評や詩も寄せる。
1907年 森田恒友・山本鼎と文芸美術雑誌「方寸」を創刊。
1908年 北原白秋、木下木杢太郎らと文学サークル「パンの会」創始。
1914年 二科設置運動に加担。
     文展と絶縁して二科会結成。

文化学院創立より美術部長となり、図画を担当。
1941年まで在任。