佐藤 春夫(1892年〜1964年)
鯛と貝(油彩) 1937
明治25年和歌山県新宮に生まれる。
和歌山県立、新宮中学在学中より「明星」「スバル」等に短歌を載せる。
明治43年中学卒業と同時に上京。生田長江に師事。
また与謝野夫妻の東京新詩社に入る。
同年慶応義塾大学予科入学。大正2年同大文化を中退するまで「スバル」「三田文学」を中心に作品を発表した。
また西村伊作の叔父で大逆事件で刑死した大石誠之助を悼んだ「患者の死」を発表したものもこの頃である。
大正7年処女創作集「病める薔薇」を出版してその新進作家としての声価を定めた。
また同10年、谷崎潤一郎夫人千代との恋愛問題がこじれ、谷崎と絶交。その傷心を歌った詩文を処女詩集「純情詩集」にまとめた。
その後、「田園の憂鬱」の姉妹編「都会の憂鬱」などの機知と詩情あふれた作品を発表。他に評論、随筆の筆も執った。
昭和11年、急逝した千葉亀夫のあとをついで、文化学院文学部長に就任、同18年軍部の圧力にあって学院が強制閉鎖されるまでその職にあって学生を指導された。
戦後の代表作に「晶子曼荼羅」「小説永井荷風伝」などがある。
昭和35年文化勲章受章。
昭和39年ラジオ録音中「私の幸福とは・・・」と言いかけて心筋梗塞のため逝去。